プロフィール

ふくしま

Author:ふくしま
七田チャイルドアカデミミー東村山教室・ひばりが丘教室・府中教室代表。マインドマップ研修インストラクター、インファントマッサージ国際インストラクター、交流分析、ハコミ療法、アートセラピー他多数の資格取得または、現在も勉強中・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

昔むかしの今日は?(時計機能付)

シンプルアルバム

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ままナビ特別講座」

母と子の、個性発見セミナー 「ままナビ特別講座」のお知らせです!
お子様がグングン伸びる!ミラクル講座。
意外な事に、子どもを伸ばす第一歩は、ご自身をちゃんと知る事です。
子どもの成績が伸びない、子どもが言う事をきかないなど、育児に関するストレスの原因もわかります。

今回、七田チャイルドアカデミーの生徒の皆様だけに贈る特別講座です!是非、ご参加下さい。



場所  :ルネ小平 レセプションホール
日時  :7月7日(月) 10:00~11:30
定員  :70名
参加費 :\3,500(チェックシート料金 お母様+お子様1人分として)
  ※セミナー参加料は、無料です。
  ※チェックシート料金は、お一人 プラス\1,000‐にて追加させて頂けます。

講師 :森 譲(もり ゆずる)
マイクロソフト社、フィデリティ投信等でITのプロフェッショナルとして活躍した後、
   新しい脳の習慣であるマインドマップ、より良い人間関係を築くための方法を伝えるスキルリーディング講師として活躍中。
   なかでも実用万象学に基づく性格診断や能力判定、運気予報には定評があり多くのファンを持つ。
   カウンセリング手法として、文部科学省所轄財団法人生涯学習開発財団の認定資格を持つ。

講座内容
…あなたの行動パターンを知る
…行動を支配する深層心理とは
…褒め方を変えただけで子どもが伸びる
…しかり方にも注意が必要
…親子のギャップを埋めるコミュニケーションスキル
…子どもが持って生まれた能力と活かし方

★参加者皆全員にチェックテストを受けて頂くご用意をさせて頂きます。
 セミナー参加希望で、チェックテストをご希望でない方は、申し込み時に予めその旨をお知らせ下さい。
★チェックシート追加ご希望の方は、お申し込み時に、その旨お伝え下さい。
★セミナー後、個別にてカウンセリングをお受け致します。ご希望の方は、お申し込みの際にご予約をお願い致します。
※個別カウンセリング料 ― \2,000‐(通常\5,000‐) セミナー受講者のみへの特典価格です。
   ※13:00~ 先着にて6名様限定です!
   ※カウンセリング所要時間は、30分となります。皆様からのご予約が確定後、お時間をご連絡させて頂きます。
★小さいお子様をお連れのご参加はご容赦下さい。
 (但し、長時間の講義中立ち歩きの無いお子様・・・赤ちゃん、もしくは小学3年程度のお子様はお連れ頂けます。
 お申込時に、必ずその旨をお知らせ下さい。
 参加者皆様が気持ちよく聴講頂けますよう、ご配慮のほど宜しくお願い致します。)
★お申込みは、6/23(月)までにメールにてご連絡下さい。
 (定員を超えるお申込を頂きました際は抽選とさせて頂きますので、ご了承下さい。)
★誠に勝手ながら、お席を確保させて頂きました方にのみご連絡をさせて頂きます。
 ご容赦下さいますようお願い致します。
★お席を確保させて頂きました方へは、6/27(金)迄にメールにてご連絡致します。

メールアドレス :shichida9335@biscuit.ocn.ne.jp

皆様のご参加、お待ちしております!!

七田チャイルドアカデミー  東村山教室
 ひばりヶ丘教室
 府中教室
スポンサーサイト

コース説明会

保護者様 各位

マインドマップ&高速リスニングコースの説明会が開催されます。
急なご案内で申し訳ございませんが、下記の通りとなります。

・内容:マインドマップでどんなことができるの?
     高速リスニングの成果とは何?
      
日時 : 6/11(水)  10:00~11:30
場所 :ルネ小平 会議室
定員 :30名満席終了
講師 :福島眞代(東村山教室・ひばりヶ丘教室・府中教室 代表)
 

★小さいお子様をお連れのご参加はご容赦下さい。
 (長時間となりますので、お子様連れはご遠慮下さい。)
★お申込みは、6/9(月)までにメールにてご連絡下さい。
 (定員を超えるお申込を頂きました際は抽選とさせて頂きますので、ご了承下さい。)
★誠に勝手ながら、お席を確保させて頂きました方にのみご連絡をさせて頂きます。
 ご容赦下さいますようお願い致します。
★お席を確保させて頂きました方へは、6/10(火)でメールにてご連絡致します。

メールアドレス :shichida9335@biscuit.ocn.ne.jp

皆様のご参加、お待ちしております。

七田チャイルドアカデミー  東村山教室
 ひばりヶ丘教室
 府中教室

嬉しい悲鳴

今年の春は忙しかった・・・

例年春は新プログラムの導入。生徒さんの移動など目の回る忙しい時期。
でも、今年は更に忙しくて・・・・

年初宣言したように教室は、今年パワーアップ・ランクアップを目指すと宣言した・
「言葉にしたものは現実になる」である。

怒涛のようにパワーアップできるスキル、ランクアップできるスキル、そして人・・・
たくさんの出会いがあり、現実化していく。
しかもすごい勢いで。

毎日がワクワクしている。子供たちへプレゼントしてあげられるものがある。。。。

「らく~~で、身に付く役立つ勉強法」(笑)

私たちは未来への可能性をいつだって、信じていいんだ。
人生の先輩として、後から歩いてくる子供たちにこう言ってあげられるのが嬉しい。
言葉だけじゃなくて、その方法論まで教えてあげられるなんて、最高ですね。

マインドマップに計画を描くと、実現力がすごいですよと聞いてはいたけど、本当にすごいなあぁ。

さて、今皆さんに紹介しているものだけではありません。
これから、更に大きなスキルをプレゼントの予定。

お楽しみに。。。。

最近起こっている勉強法ブーム

「脳の持つ本来の可能性」にひかれて、七田チャイルドアカデミーの講師になり13年が過ぎました。

この4~5年「脳」」についての研究が一般書籍として並ぶようになってから、「脳トレブーム」が起こったように見えます。
このころには、「脳トレ本」なるものが書店にも多く並びましたが、ここ最近下火になりつつあります。

「本当にこれで未知なる脳の開発になっているのか・・・・」
「計算したから、何なの?自分の生活にはあまり結びつかない」
などの不安、不満があったように感じます。

今起こっている「勉強法ブーム」は、これを受けて「脳の未知なる能力」を使い、また「自分の生活を向上するのにも役に立つ」ものが主流になっているのではないでしょうか。
つまり未来が開けるかもしれないという期待感が支えています。

私は、これは子供の学習でも同じような道を辿っていると思います。

「学校」でも「塾」にいってもできる子は最初からできる。
できない子はどうやってもできない。

親はいらいらして勉強をもっとしなさいと怒り、子供はふがいない自分を抱きながら、仕方がないからやる。
でも結果には出てこない、という繰り返しでした。

そのうち「今やっている勉強は、大人になったら何の役にも立たない、何故こんなことを苦しみながらやるのか。」
受験のためだとしたら、成績の上がらない子供は更にやる意味を失います。

もちろん、その循環から脱し、理解しセンスを身につける子どもも少数ながらいました。
しかし、大半の子供は悪循環の繰り返しで、疲弊し大人になります。

頑張りすぎれば頑張るだけ疲弊し、こんなこと一生続けるのかとぞっとしながら大人になる。
だから子供でいたいというピータパンシンドロームなどというものまで出現し・・・・
(私はピータパンシンドロームの背景の一端に、上記のことがあると思います)

これに終止符を打つかもしれない。
本来の脳の使い方をできるようになったら・・・・
その方法論を手に入れることができたなら・・・・

未来の開ける可能性のある「脳開発勉強法」がブームとなるのではないでしょうか。

私は子供達に「可能性のある輝ける未来」を取り戻して欲しい、そのお手伝いがしたいと思い、この道を選びました。

つい最近のことです。小学5年生の女の子の母親からご相談がありました。
「受験の為の国語の習得方法がわからない」というものでした。

そこで、速読とマインドマップをベースにして、数回一緒に問題を解きました。
その後、母親から次のように話されました。「開成中学の国語の問題を試しにやってみたところ、5
問中3問解けました。有難うございました。」
この女の子はまだ、小学5年生です。

私は今までの学習方法ではない、「本来の脳のしくみ」を使ったナチュラルな勉強法が、この勉強法ブームの中から生まれてくると感じています。
そして、手ごたえも感じています。

潜在的な能力を引き出す方法が、次のステージに移りつつあるのを肌で感じ、その可能性の素晴らしさにワクワクしています。


マインドマップセミナーを受講して

3月3日にマインドマップセミナーを行いました。

今回はトライヤル講座でしたので、少人数で行いました。
いつもは、部屋いっぱいに皆さんが座っていただき、立っていらっしゃる方も多いのですが、今回は少人数でしたので、少し寂しいような・・・・でもこじんまりとしていい感じでもありました。
6時間という時間でしたが、皆さん熱心に参加していただき、とても楽しくてあっという間に時間が立ってしまったという感じでした。

セミナーのご報告を少ししたいと思います。

「自分の無意識に眠っている情報を引っ張りだす」というワークの時、一人の方が次のようなお話をしました。

「小さい頃住んでいた地域の名前がぱっと浮かびました。そこで参加した祭りのこと、楽しかった家族との思いで・・・・・どんな気持ちでその頃過ごしていたか、思い出しました。」
と、その思い出を語って下さったのですが、聞いていたこちらまで心が熱くなりました。

ある方が社会科ソングを自分なりにマインドマップで書いたものと、マインドマップの講座を受講後描いたものを持ってきて下さったので、ここに紹介致します。

080311_1524~01

(受講前)

080311_1524~02

(受講後)

受講後は、真ん中の絵を見ただけで、情報が伝わります。
これは社会科ソングの「火の国日本」というものをマインドマップにしたものです。
「描いたら忘れないし、一目見たら思い出す」という素晴らしいマインドマップが出来上がりました。
嬉しいですね。

その他皆さんの感想を載せたいと思います。

長時間のセミナーでしたが、あきることなく とても楽しく受講できました。
まず、マインドマップの素晴らしさ、そしてこれから社会に必要となってくるtoolであることがよく理解できました。
「実践したい」と思わせるセミナーでした。
有難うございました。
               I,M女性

いつも人生の勉強になることを教えて頂いて感謝しております。
心の中でくすぶっていることが、先生のお言葉のシャワーで、答えが出せそうになったりします。
見えないでいることが、見えてきたりします。
人間の神秘にふれている今ですが、何か実現していけたら嬉しいです。
              H,H女性

マインドマップ講習会にご招待

保護者様 各位

お教室からの「ひな祭りスペシャルプレゼント企画」のお知らせです。

あの!マインドマップ講習会、ついに開催です。
マインドマップのインストラクター認定取得直前、代表福島のトライアル企画!
参加費は無料です。公認インストラクター認定取得後の講習会に参加されると、参加費(¥36,750‐)がかかってしまう為、こんなチャンスは二度とありません!!
是非、ご夫婦でご参加頂きたい講習会です。

マインドマップにご興味のある方は、マインドマップ日本公式サイトにアクセス下さい。
http://www.mindmap.ne.jp/
日時 : 3/3(月)  10:00~17:00
場所 :ルネ小平 会議室
定員 :3組6人(ご夫婦でのご参加を最優先させて頂きます。)満席終了
講師 :福島眞代(東村山教室・ひばりヶ丘教室・府中教室 代表)
 
★小さいお子様をお連れのご参加はご容赦下さい。
 (長時間となりますので、お子様連れはご遠慮下さい。)
★今講習会内容は、ご家族で楽しんで頂きたい趣旨より、ご夫婦でご参加頂ける方を最優先させて頂きます。
 ご夫婦での参加希望の方は、お申込時にその旨をお知らせ下さい。
★お申込みは、2/25(月)までにメールにてご連絡下さい。
 (定員を超えるお申込を頂きました際は抽選とさせて頂きますので、ご了承下さい。)
★誠に勝手ながら、お席を確保させて頂きました方にのみご連絡をさせて頂きます。
 ご容赦下さいますようお願い致します。

メールアドレス :shichida9335@biscuit.ocn.ne.jp

皆様のご参加、お待ちしております。

七田チャイルドアカデミー  東村山教室
 ひばりヶ丘教室
 府中教室

テレビ放映のお知らせ

東村山教室を昨年卒業されたI君が、公募のオーディションを受けて、狭き門を突破しての番組出演となりました。
大人のパネラー達に負けないような議論が出来るというのを評価されての出演です。

リハーサルでは、この年齢で素晴らしい意見を言えることに、スタッフ達が驚いていました。

いざ本番。

大人のタレント達が白熱した議論を展開している中、一生懸命手を挙げていたのですが、出番はなく、あまり乗っていない時指名されていました。
I君は不完全燃焼だったようです。
もっと、本当は言いたいこといっぱいあったし、言えたのに・・・・
I君の悔しい思いが伝わってきました。

本番3日前のことです。
七田チャイルドの本社から、「塾に賛成か反対かという内容で、議論するのですが、意見をきちんと言えるお子さんが、福島先生のところにいますか。」という話がありました。
I君の名前が浮かびました。

超右脳クラスでは、ディベイトも行っています。
イエスグループとノーグループに分かれて、議論し合うのですが、論拠がきちんとない意見には、「何故?」を連発されます。
I君は社会情勢や、環境問題などを論拠とした意見を言い、いつも感嘆していたものです。

いつものI君を知っている私は、今回もっと言えたのになあというI君の気持ちがわかります。
でも、あのオーディションをくぐり抜けただけでも、凄いことなんです。
たくさんの経験の積み重ねが、豊かな人生を作ります。
今回のことは、きっと素晴らしい経験となり、いつの日にか役に立つこともあると思います。

一生懸命やったI君のことを、とても誇らしく思います。


放送日:2008年1月25日(金)
番組名:太田光の私が総理大臣になったら
放送局:日本テレビ系列全国ネット
放送時間:20:00~20:54

新年のご挨拶

20080117194322

2008年初日の出

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年は、「子年」12支の最初の年です。
しかも甲という十干で数える場合のトップにくる年でもあり、「甲子年」という組み合わせは、60年に1度しかありません。
ということは、物事の始まりが二つも重なるめでたい年は、一生のうち1度巡りあうか、あわないかなんですね。

私も今年は心機一転していきたいと思っています。

昨年より、少しずつ教室も方向性を変えてきていますが、今年は次のことを掲げてより新しい教室づくりをしていきたいと思います。

【「親子」で学ぶ=人生を共に創る】を提案できる教室。

ここによりファーカスを当て、教室側から提案できるように試行錯誤していきたいと思います。今までも、「レッスン」「個人面談」「発達面談」「育児セミナー」等を通して子育ての支援を教室にできることを、できるだけ行ってきました。
しかし、更に飛躍していきたいと思っています。

突然ですが、先日「成人の日」を我が家の長女が迎えました。
祖父母から京都よりわざわざ取り寄せたという着物をいただき、お正月には親戚一同と宴席を設けていただきました。
多くの人に支えられて、成人の日を迎え、また多くの人に祝っていただき、本当に感謝の思いが溢れてきます。

長女のことは、この20年を振り返ると、山あり谷ありの私の人生を一緒に歩いてきてくれた「戦友」だと思っています。
両親の良いものも悪いものも、全て吸収してきています。

心理療法等学ぶと、「親子」の関係が全人生に、どれほど影響しているかがわかり、驚きます。
親から子に伝えることの重要さを知れば知るほど、胸をはって「これだけは伝えた」と誇れるものを、「学ぶ」ということを通して伝えられたらと思っています。

「脳トレママチーム」もその一つ。
11月から始めたにも関わらず、あっという間に素晴らしい結束力で子供たちを、全員でみるという態勢が生まれてきています。
もちろん成果も素晴らしいものがあります。
1年後、発表会ができたらなあと思っています。

私は今「マインドマップ」の公認インストラクターの資格を得る為に、研修中の身です。
このマインドマップというものは、どの年代でも使え、楽しくはまってしまうというものですので、近々「ご夫婦3組までご招待」という企画を立てたいと思います。
これは、お父さんにも参加してもらい、「家族で使えて、共に学んでいく楽しさ」を味わってもらおうというのが狙いです。
楽しみにしていて下さい。

その他にも、様々な企画を考えております。
どうぞ、今年も宜しくお願い致します。

                                            福島 眞代

能力に限界はないんですね

ここ最近、1000コマの単語を記憶して、1分位で暗唱する子ども達が続々誕生しています。

小学2年生の子ども達を中心に、遂に年中クラスでも出来るようになった子どもがいました。
先日「脳トレママチーム」に集まったお母さん達のお子さんも何人か出来るようになったとのことで、お話を聞きました。

すると皆さん口々に次のように言うのです。

「本当に子どもの能力って、無限なんですね。セルフイメージが大切ってわかりました。」
「金子実夢ちゃんは1秒なんでしょ?だったら、私もまだがんばるってサラリと言ったかと思うと、1分切るようになったんです。」
「親が勝手にそんなのできるはずないって決めてただけなんですね。」

あきらめず、やり続けたら出来るようになる・・・・
途中であきらめて、「これが限界なのよ。」とか「そんな能力は私にはない。」とか言うのです。

大人は人生のどこかであきらめてきた人が多いのです。
それが自分のセルフイメージとなり、子どもが少し出来ないことがあると、子どもにまで限界をあてはめていく・・・

あきらめられた、その気持ちを子どもは敏感に察して、途中で止めてしまう。
そして、いつの間にか「限界」が作られていくのです。
悪循環ですね。

でも、今回の100コマ記憶暗唱を通して、お母さん達の作られてきたブロックが突破できたようです。

「やればできるんだ」「本来限界なんてないんだ」

体感したようです。
すごいですね。
こんな言葉をお母さん達の口から語られるのを聞いていると、もう感動でいっぱいになります。
本当に嬉しい・・・・・

未来に生きる子どもを育てる。
そして、育てながら自分の枠もはずし、癒されていく。

本当にすごいことです。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。